FC2ブログ
幻想蹴球紀 plus
基本的にサッカーネタ。現在休止中。
カレンダー

11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Sasa.M

  • Author:Sasa.M
  • 特技ギター。エレクトリックは我ながらかなり弾けると思うが、アコースティックはいまひとつ。

    下記は神話と音楽中心の自サイト。現在更新休止中。サッカーネタはなし。
    Myth Magic Music - 神魔的音楽

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ

* ほぼ更新順

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
反省は手短に
思えば、ブログを始めてから数ヶ月、一言でいって書きすぎた。

今年いっぱいは反省しよ。て、後数時間で終わりか。反省短くてラッキー。



スポンサーサイト
TOP
るるるる~る
「るるるる~る るる~、るるるる~るる~」

というのは、昨晩スペシャルを放送していた「怪奇大家族」の「歌詞」ですが、これを書くと JASRAC に著作権侵害といわれるのだろうか。

わからないから、これはただのスキャットということにします。

「ラ ラ ラ ラ ラ~ララ ラ ラ、ラ ラ ラ ラ ラ~ラララ~」

これは一見似ているようですが、別の曲です。

どこが違うかといえば、

「怪奇大家族」は、「ラ~ララ ラ ラ」ではなく、「ラ~ララ ララ」です。

全然違いますね。だから違う曲です。間違えないように。

「ラララララララ」

いくらなんでも、これに著作権料は請求できないでしょう。人類を敵に回すつもりでなければ。

ところで、最後の

「怪奇大家族」

は「だんご三兄弟」と同じメロディーだと思います。

で、結局何がいいたいかといえば、「うっ!」。

全部歌いきった。何を? さあ?



[Read More...]
TOP
検索ヒット、なんだかなー
ここのところ、12/26日に書いた NHK「すくすく子育て」の「産前・産後のセックス」ネタでやたらに検索ヒットしてるんだけど、話題になってるんですかねー。

あとは「Google 不調」がよくかかってます。
その他「巨大ゴキブリ」とか……。

サッカーネタよりも多くなってるってのはなんだかなー。
今、サッカー系に戻そうとしてるんですけど。



TOP
便乗で代表選び
昨晩、「激論!朝までサッカー」で代表メンバーを各出演者が選んでいたので、便乗します。

ジーコが4バックにしたがるのは、いわゆる「黄金の中盤」を使いたいからだろう。それを前提として、けが人を無視すればこんな感じがベストか。

      久保
     玉田
   中村    小野

    中田H  稲本

三都主 中沢  宮本 加地

      楢崎

久保と玉田はコンビネーションがいい。位置は久保が前で玉田が後ろ。1トップ、1シャドウ的。久保の代わりは鈴木。玉田の代わりは高原。

中盤で中田が後ろなのは、小野よりフィジカル・コンタクトに強い。中田は現代サッカーのトップ下にはあまり向いていない。中盤から飛び出してシュートまでいくことがあまり多くないため。人を使う選手はむしろ後ろ。小野と稲本は縦の関係で、稲本が上がったら小野が下がりめ。

右サイドは人材難。代わりはFC東京の石川、浦和の山田あたり。左のアレックスは兼ジーコの通訳。

中沢は守備、セットプレーともに必須。このチームでは宮本が必要。

キーパーは、とりあえず経験もあって、川口ほど飛び出さない楢崎で雰囲気を安定させる。

以上はジーコ路線の選択。

次はけが人抜きの現実的な選択。


     鈴木
   玉田  中村

村井 福西  中田H 加地

  田中 宮本 中沢

     土肥

4バックはうまくいかないからあきらめる。

鈴木の1トップで玉田、中村の2シャドウ。中村は、右でやると中央に切れ込んでくる動きが見られるので、あえて右。

中田は中盤の右で福西より上がりめ。福西がいるとセットプレーに強い。
左は村井の方が守備力がありそう。鈴木の頭めがけて高速のセンタリング。玉田がドリブラーなので、ここが特にドリブラーである必要がない。

今や、攻守両面から、絶対はずせない選手は中沢だと思う。特に、高さのない宮本を使う場合。上がりめの中田の後ろが中沢のほうがいいかな。田中は確か足が速かったと思うので選択。

キーパーの土肥は、Jリーグで安定感があったから。


上はみんなで仕掛けたがって結局空回りという感じがどうしてもする。
下のほうがチームとしての安定感があると思う。特にディフェンス面。


TOP
手抜き
今日はブログも手抜き。

「激論!朝までサッカー」見てます。

このあいだのドイツ戦について話してるけど、えーと、あー、……。
脳が死んでるのでコメントできません。



TOP
ニュース休業で、カテゴリー移動
予告通り「日記」に移動します。
が、また戻るかもしれません

ていうか、しばらく「ニュース」を書く気がしないので、「日記」に移るほうが適切かなということです。

で、このブログは多少ダレます。

何か狂騒的に投稿してたら疲れた。
もっと気楽にやろっと。
毎週ブログで切れてちゃしょうがない。

などといってまた気が入ってしまうかもしれない。
まともなこと書かないとかいってまた書いてるし。

気が入ったときだけ気入れた記事を書きます。
無理矢理はやめ。



TOP
Lovelog のポイントって?
アクセス解析とポイント制への疑問です。

「疑問」というのは、純粋に不思議に思っているというのと、疑問を投げかけるというのの両方です。



[Read More...]
TOP
ガセ率高い地球衝突
よくメディアに現れる「小惑星地球衝突ネタ」のガセ率が結果的に高くなることについてです。



[Read More...]
TOP
「産前・産後の……」
昨日、NHK 教育テレビの「すくすく子育て」という番組で、「産前・産後のセックス」という話題を取り上げていました。

もちろん真面目な内容ですが、NHK もこういう話題をやるんですね。たぶん女性主導のほうがやりやすいのでしょう。
詳細は……まあ、再放送でも見てください。
再放送は(金)午後1:05~午後1:35。

わたしは未婚なので、あまりぴんときませんが、参考にはなりました。
何かのはずみというのも世の中にはあるので。

そういう予定ではないですけど。



TOP
巨大ゴキブリ発見
インドネシアのボルネオ島で世界最大のゴキブリ発見される。

BBC ニュース「Giant cockroach among jungle find」

長さ10cm。期待したほど大きくはないですね。でも、出たら怖いか。

ボルネオは、世界でもっとも生物多様性の高い地域の一つだが、不法採掘や不法伐採が頻繁になされているとのこと。

ということは、ゴキブリも保護しないとまずいのだろうか。



TOP
今日の天皇杯・要点
今日の疑問。

ガンバ西野監督、重要なゲームで急にいつもと違うシステムを採用するのはくせでしょうか。
宮本はなんでガンバでは機能しないんだろう。もうそろそろフィットしてもいいと思うが。

今日面白かったプレー。

浦和vs磐田から。
前半41分、名波、ゴールやや斜め、近いところでパスを受けて、シュート!
と思ったら、サイドへのパース。
意外性のあるパス。でも、そりゃないでしょ名波さん。笑ってしまいました。
名波の個性だからまあいいんだけど。
でも、よい子はまねしないほうがいいかな。

今日の残念。

浦和レッズはあれだけやって結局ノータイトル。合掌。

今日の納得。

パス回しも攻撃的ならOK。速ければなおよし。
日本代表みたいな守備的なのはNG。遅ければより駄目。
前提として回し損ねりゃどうにもならない。

明日へのまとめ。

決勝は東京ヴェルディvsジュビロ磐田。
ジュビロは確か、ヴェルディに公式戦10連勝中。
腹をくくってパス合戦を見ましょう。パス合戦でも、点が入れば文句はないです。

ところで、天皇杯優勝チームはアジアCL に出られるので、勝ち抜けられるほうに勝ってほしい。ただ、次の次になるので、どちらかは微妙。ヴェルディはそのころには化けているかもしれない。



TOP
なにかとなにでなに
今日明日はなにです。なにがなにの人はなにかとなにでなにな気分で過ごすことを余儀なくされているでしょう。

加えて、今日明日は、ラジオをふとつけたりするとある特定の曲調の音楽にやたらにさらされることになると思います。

そういうときはネットラジオに退避。

ちなみに、わたしは洋楽ロック好きなので、ふだんから、「3WK Underground Radio」を聞いてます。オルタナヴィブ系とクラシックロック系の2つがあって、気が向いたほうにしてます。なお、今のところ「ある特定の曲調の音楽」は幸いにもかかっていません。

また、なにかとなにな人のなかにはこんなアイテムを使っている人もいるかもしれません。

10日ほど前に、フランス AFP 発信でイギリス BBCを含め、世界中に紹介された日本製ひざまくら。
Japanese men lap up new comfort

この製品は日本の「Trane KK」の製品で、既に国内で3000以上売れたそうです。ネットではわかりませんが、一部のおもちゃ店(ふつうの)で売っているそうです。

もうひとつは、日本の寝具会社「かめお」のうでまくらで、オンラインでも販売されています。

こちらもイギリス BBC で以前紹介されていました。
Boyfriend pillow for Japan singles

今日もお使いの方がいらっしゃることでしょう。

では、安らかに。



TOP
「落ち込み」希望
今日はクリスマスイブですが、昨日のほうが休みで都合がいいからもう済ましちゃったという人も少なからずいると思います。

キリスト教徒は別として、おおかたの日本人には「プレゼントの受け渡し日」程度のものなので、そんなもんでしょう。逆に気合い入れすぎると不幸になったりします。

ご贈答文化ここにきわまる、とか、商業ベースにのせられ、などというのもいちいちめんどくさいのでどうでもいいか。

日本人には関係ない、とか飛ばす人もいるでしょうが、日本人の宗教観は本来シンクレティズム(宗教の混合。ヴードゥー教などがいい例)なので、なんでもやっちまうのが伝統といえるでしょう。

今日明日はブログの「日記」部門が面白そうですね。「喜び」より、どちらかというと「嘆き」のほうを期待してます。「落ち込み」よろしくお願いします。ま、適度に。



TOP
サッカーネタ、ちゃちゃっと3本
サッカーネタ、3つ。

イタリア代表リッピ監督「イタリア人だけのセリエAを夢見ている」

この人本気でこれでイタリアの選手がうまくなると思ってるわけ?
レベルが落ちて下手になるだけでしょ。
イタリア人プレイヤーってあまり国外に行かないけど、行ったら?

Prinz beats Hamm to Fifa trophy

ドイツのブリジット・プリンツがサッカーの FIFA 女子最優秀選手になった(376点)。次点はアメリカのミア・ハム(286点)、3位はブラジルのマルタ(281点)。
プリンツは以前、イタリアセリエAのペルージャからオファーを出されたこともあった。

それにしてもこのネタ、国内ニュースの記事が見つからない。
女子サッカーは、オリンピックなんていうナショナリズムの祭典ではそれなりに騒がれていたと思ったけど。

神戸が“恋人”藤田獲りへ

「いかねーよ」ってとこですか。
社長、ほんとにミーハー。今では珍しい。やはりバブルの人?

ささっと終わり。



TOP
全体コメント用
このブログ内の特定の記事に対してではなく、コメントがある場合、ここにどうぞ。


TOP
Google 不調
さきほどまで、Google が不調でした。
アクセスできない、検索できない、キャッシュが開かないなどしてました。

BBC ニュース「Santy worm makes unwelcome visit」

サンティというワームが Google を媒介して広まったということで、メンテをしていたようです。

記事によれば対応は早かったそうですが。


TOP
そういえば
そういえば今日は休日でした。ニュースでした。

毎年、何の日だっけとか考えてしまうんだけど、まあ、その程度のほうがいいでしょう。

もっとも、この休日に限らず、何の日か、なんてほとんど意識してませんが。

基本的に休日は等価に「休日」という言葉でくくられるただの休日。あとはなんかの都合で名前がついているだけ。機能は同じです。

休みならどーでもいいか。



TOP
ないときはなし
サッカーは特に目を引くネタはなし。

新聞だと無理矢理ネタを引きずり出して、通常であれば伝えないような犯罪を広い紙面で報じたりするけど、ないときゃないんだから、素直になしにしなさい。資源の無駄。

「大久保スペイン初ゴ~ル」。あ、そうですか。

クペル監督は「いい印象を持った。ポテンシャルはいいものを持っている」と絶賛。


というけど、このコメントは「絶賛」ではなく「評価」程度でしょう。「ポテンシャル」=「潜在能力」です。
最近なにかと「絶賛」とか「大絶賛」とか過剰にポジティブな表現が多い。

スポーツナビ ニュース 記念の木像に中田も FIFA100周年

中田も東洋人だということで、FIFA のこの手のイベントによく関わるけど、なんだかな。ま、無視されるよりいいか。
木像でよかったですね。銅像だともう終わったって感じになる。

無理ネタでもネットだと資源の無駄にはそれほどならないけど、時間の無駄にはなった。



TOP
ゲームボーイズ・オーケストラ
ちょっと前から一部で話題になっていた「The Gameboyzz Orchestra Project」というポーランドのバンドのウェブサイトへいった。

このバンドは6台のゲームボーイ(各種。新しい例のブツはまだ)をミキサーを通してつなげて演奏するというバンド。

ライブの画像では、テーブルの前で6人が向かい合って、ゲームボーイを持って演奏しているが、ゲームをやっているようにしか見えないのが笑える。

座って演奏しているだけではなく、もちろん立っての演奏もあるが、やはりゲームをしてるようにしか見えない。
もちろん他の機材も使っているわけだが、音楽の演奏というよりは事務作業っぽい。

でもコンピューター・ミュージックってのはそんな感じなので、皮肉はなってるかな。

音楽的にはピコピコでノイジー。スクエア・ウェイブの音がノスタルジーを誘う(?)かも。なんか笑える部分もあるけど、悪くはないですね。単調ではありますが。

MP3 がサイトで無料ダウンロードできます。



TOP
ブラジル、バーチャルでも優勝
ブラジルはバーチャルでもサッカーが強かった。
BBC ニュース「Brazil snatches virtual World Cup」

ブラジルのティアゴ・カリコ・アゼヴェード氏(21)がチューリヒで開かれた、最初のフィーファ・インタラクティブ・ワールドカップで優勝。
決勝戦はアメリカのマティジャ・ビルジャスコヴィッチ氏(21)との対戦で、スコアは 2-1。

対象のゲームはエレクトロニック・アーツの「Fifa Football 2005」Xbox 版だそうだけど、たぶんまだ発売されてないのかな。Amazon.com で検索したけど見つからなかった。新製品のプロモーションでしょう。

参加者は8000人ほど。

現実のサッカー選手はコンピューターゲームではどうなんだろう。
たとえば、今日、FIFA年間最優秀選手になったロナウジーニョとか。



TOP
沢はどうかな?
女子サッカーのストライカー、マリベル・ドミンゲス選手がメキシコの2部リーグセレージャと契約したことに、FIFA がだめ出ししました。

まあ、今回はクラブ側がウケ狙いであることを認めているので、選手がいいように話題作りに利用されたということになるんだろうか。本人はかなりやる気があったようなので。
以前ペルージャがドイツのプリンツやスウェーデンのリュンペリにオファーを出したのも、話題づくりだったそうだし。

同一レベルで商売抜きの現実的な選択なら、違うリアクションがあったかもしれない。

ところで、女子サッカー選手のレベルはどのくらいだろう。沢は JFL でプレーする実力はあるだろうか。試しに一度やってほしい。ディフェンダーは無理だと思うが、ストライカーなら可能性もなくはないだろう。

プレー上の問題は男がちゃんとタックルできるかというところにかかっていると思うんだけど、相手に実力があって得点させたくないならちゃんとやるでしょう。勝負事なので。
闘争心が出ているときに余計なこと考えることもないと思う。


TOP
豚の脂身チョコレート掛け
ニュースとしては若干古いですが、ウクライナの人は「豚の脂身チョコレート掛け」なんてのを開発して食べてるようです。BBCニュース「Pork choc on the menu in Ukraine」

昔から豚の脂身「サロ salo」を好んでいて、黒パン、ガーリック、ウオッカと一緒に食べていたそうですが、ついにチョコレート掛け。思いついた人に拍手。
「ウクライナのスニッカーズ」と呼ばれているそうで。

ウクライナは心臓病による死亡率が極めて高く、この「スニッカーズ」は、医者によれば最悪の組み合わせとのこと。

また、この豚の脂身「サロ」のフェスティバルでは40キロの豚の脂身をはさんだ9平方メートルのサンドウィッチが作られ、ふるまわれるそうです。
「Ukraine celebrates 'festival of lard'」

もしかしたらサッカーのバロンドール(欧州最優秀選手)である、シェフチェンコもこれらを食べているのかもしれない。

サッカーがうまくなりたかったらレシピにいかがでしょうか?
「豚の脂身チョコレート掛け」。お味はとっても……ぎょえ。



TOP
軽いお知らせ
年末の慌ただしさに伴うストレスのはけ口として、まともっぽいことを書いたら、よけいにストレスがたまることがわかったので、しばらく軽いニュースや情報だけ書くことにします。

あ、知恵熱が……。

忙しいときにややこしいことはやめ。
冬季鬱病や、クリスマス鬱ってのもあるそうだし。



TOP
もうパスはたくさん
これは、特に今日の天皇杯についてのことではなく、日本のサッカー全般についてのことですが、「シュートうちやがれ」。若干いらつきが感じられる文ですが、ご容赦。なお、最初の投稿から書き直しました。

いつも見るシーン。
こねこねこねこねとパスをこねくりまわして、シュートチャンスがあるのに、相手を思いやってパス、スペースが空いてるのに、目先の協調性を思ってパス、ゴールが見えてるのに、チームの和を考えてパス、ゴールに向き合ったのに、自分で決着つけられなくてパス、で、結局シュートできずにボールを取られて終わり。あるいは、困ったから後ろにパス。

こういうどうでもいいような協調性をいったいどこで教えているのだろうか。

以前、NHK テレビ「英会話ドラマでリスニング」でやっていた BBC 製作の「GOAL!」という英語教材ドラマを見た。

主人公の中南米のとある国(特定されていない)からイギリスの名門チームにテスト生としてきた選手が、ある日、練習のミニゲームに出場した。そこで、自分が絶好のシュートチャンスを迎えたのに、仲良くなったチームメイト(くび寸前)にパスして、彼にシュートを決めさせた。それを見た監督は怒った。なんでそんなところでパスするんだと。自分がシュートできるんならしろと。

チームのためになるというのはそういうこと。
それをしなければ結局チームのためにならない。

我を通して本来やるべきことをやりましょう。

ストーリーではこのチームメイトは結局首になったが、自分の限界を感じていたので、納得して去っていきました。

そういえば、中田も「自己中」とかいわれていたころは、いいプレイヤーだったなあ。今やすっかり「自己」を抜かれて「中くらい」なのか……。



TOP
風呂入るとバグが直る?
トップページが更新されないのでいろいろやった。

まず、
「Blogの設定」の「トップページへの表示」の「件数」を「日付」にして減らして再構築したがだめ。
「Blogの設定」の「トップページへの表示」の「日付」を「件数」に戻してして再構築したがだめ。

そこで、
「プラグインを削除して再構築」したがだめ。
「プラグインを追加して再構築」したがだめ。
「プラグインを削除して再構築」したがだめ。
もう一回
「プラグインを追加して再構築」したがだめ。
「プラグインを削除して再構築」したがだめ。

ここで頭に来たのでログアウトして、PCをシャットダウンし、風呂に入った。

 - - - - - - - - - - - 

風呂から出てPCを起動してアクセスしたら直っていた。どういうこっちゃ。PCかサーバーの問題かな。



TOP
チャンピオンズ・リーグのオッズ
サッカーの UEFA チャンピオンズ・リーグの組み合わせが発表されたので、ブックメイカーのサイト2カ所で優勝オッズを見てみました。



[Read More...]
TOP
ロード・オブ・ザ・リング(ズ)
先週の土曜にJリーグチャンピオンシップの裏でやっていた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の録画をやっと見た。

浦和レッズの田中達也が主人公として活躍してました。

血しぶきも飛ばない、手足も落ちない、主要人物に流れ矢もあたらない、崖から落ちてもかすり傷という、とてもリアルな戦闘シーンばかりが印象に残る作品でした。

わたしは英語学習のため英語で見たので、前作同様セリフの6割くらいしかわからなかったんですけどね。まあ、この手の映画は映像がつけば3割増しくらいなので、ストーリーはほぼ把握できますが。

この映画の英語はほとんどブリティッシュですが、もちろん BBC 英語のような標準的な発音というわけではないので、慣れてないと聞き取りにくい。クリーチャーの発音は音声にエフェクトがかかっていたりするので、またわかりにくい。特にあのガイドのクリーチャー。

それよりも、表現が古典的表現や詩的表現を使っているので、意味がわからないというのが多かった。「へ?」という感じ。そういったものは読まないので。

加えて、ファンタジー用語はともかく、変わった固有名詞が覚えられない。もともと名前と顔が覚えられないタイプですが。

ところで、この映画は誤訳問題があって、担当の戸田奈津子氏の字幕がかなり問題あるということ。

ちなみにタイトルも本当は「リングズ」で、複数形ですね。

詳しくは
映画「ロード・オブ・ザ・リング」字幕問題について
字幕改善連絡室
TOSHINAO SASAKI JOB

わたしは専門家でもないし、原作を読んでないし、ファンでもないし、今回の放送の吹き替えをチェックしてないし、めんどくさいからする気もないのでなんともいえませんが。



TOP
なんだろなのドイツ戦
いちおうサッカーの日本vsドイツについて何か書こうと思ったけど、なんだかなー。

最近代表戦にあまり興味がもてないってのもあるけど、今日のゲームにコメントするなら「やっぱドイツは強かった」ってのが一般的かつ当たり障りのないものなんだろうな。あとは「バラック素敵」とか。バラックはドイツではセクシーなイメージらしい。

で、それ以上なんかあるかといえば、特に何も思いつかない。
というか、いつもながらの「シュートちゃんと枠に蹴ってよ」とか。

ベストメンバーだったらもう少し言うこともあるけど、まあこんなもんでしょう。

代表の親善試合にあまり熱くならなくなったのはサッカー文化の成熟なのかな。ランキングが上がろうが下がろうが、実力とあまり関係がないし。まあ、親善試合にも気合い入りまくりの強国もあるけど。

見に行った人はご苦労様でした。



TOP
バグは直った?
Lovelog の「トップページが更新されないバグ」は今回のメンテナンスで直ったんでしょうか。まあ、これに関しては予告も報告もないので駄目なのかな。

このバグはβ版のときからあるそうですね。「プラグインを追加・削除して再構築すると、なぜかなおる」らしいですが、いちいちそれをやるのはけっこうきついですね。

わたしの場合は「Blogの設定」の「トップページへの表示」を「件数」(自分はこっちにしてます)から「日付」に変更して全体を再構築、再び「件数」に戻してまた全体を再構築すると直ることがあります。

一回やって駄目なら「件数」を減らしてからもう一回繰り返します。そうすると直ることがあります。

それでも直らなきゃもう一回。根性です。人類はコンピューターに勝てるか。根性で勝ちます。

で、こういうことをやると、サーバーに負担がかかります(よい子はマネしないようにしましょう)。
だから、もういいかげんに直してください、Dion さん。



TOP
温泉、海に勝つ
やっぱり冬は温泉。海水浴じゃない。

ということで、ザスパ草津、Jリーグチャンピオン横浜Fマリノスに 2-1 でVゴール勝ち。

個人的にはチャンピオンシップより盛り上がってしまった。
やっぱり下克上ってのは燃えます。

退場者2人出してから勝つってのはすごい。
逆にいえば9人の相手に負けるチャンピオンっていったい。

メディアによって高いレベルのサッカー情報が浸透し、戦術の普及と理解度を深めたとはいえ、この結果は予想以上。決定的な仕事をするべき選手がそれをし損なうとこういう結果も出るといういい例なのだろう。

「湯のあか」でも煎じて飲む替わりに、しばらくは草津温泉の入浴剤でも使おうかな。



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。